コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桂潭 けいたん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂潭 けいたん

1762-1821 江戸時代後期の僧。
宝暦12年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)浄土真宗本願寺派福正寺の住職。明増に師事。性相(しょうぞう)学にくわしく,倶舎(くしゃ)桂潭といわれた。詩文にたくみで,大谷派の法海や仏光寺派の円隆と交流があった。文化12年西本願寺の学林で講義。文政4年6月8日死去。60歳。肥後(熊本県)出身。著作に「倶舎論玄談」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桂潭の関連キーワードピョートル3世ルソー(Jean-Jacques Rousseau)市村羽左衛門ブロートンブロートンファナリオテスバイロンマンゾーニ桃園天皇ビュート伯

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android