桂潭(読み)けいたん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桂潭 けいたん

1762-1821 江戸時代後期の僧。
宝暦12年生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)浄土真宗本願寺派福正寺の住職。明増に師事。性相(しょうぞう)学にくわしく,倶舎(くしゃ)桂潭といわれた。詩文にたくみで,大谷派の法海や仏光寺派の円隆と交流があった。文化12年西本願寺の学林で講義。文政4年6月8日死去。60歳。肥後(熊本県)出身。著作に「倶舎論玄談」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android