桃栗三年柿八年(読み)ももくりさんねんかきはちねん

ことわざを知る辞典「桃栗三年柿八年」の解説

桃栗三年柿八年

は芽生えてから三年、は八年でを結ぶ。また、何事にも成就するまでに相応の年数がかかることのたとえ。

[使用例] 桃栗三年柿八年というような、言い古した言葉の中にも、ものを育てる人のあせりのない気持ちや自信が、何気なく籠められているように、私には思われるのである[永井龍男カレンダー余白|1965]

[解説] この後に「は酸いとて十三年」「ゆずは九年の花盛り」「は九年でなりかねる」などと続けることもあります。尺八の「首振り三年ころ八年」や絵画の「ぽつぽつ三年波八年」は、この表現を応用し、比較的短い年数で技能を習得できるものを三年、長くかかるものを八年としたものと思われます。中国にも古くから「桃三杏四梅十二」などの表現があり、異形も多くあります。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「桃栗三年柿八年」の解説

もも【桃】 栗(くり)三年(さんねん)(かき)八年(はちねん)

桃と栗は芽生えてから三年、柿は芽生えてから八年で実を結ぶということ。この下に「梅は酸い酸い十三年」「柚(ゆず)は九年の花盛り」「枇杷(びわ)は九年でなりかねる」「枇杷は九年で登りかねる梅は酸い酸い十三年」などの句をつけたりする。
※評判記・役者評判蚰蜒(1674)秋田彦三郎「桃栗(モモクリ)三年柿(カキ)八年人の命は五十年夢の浮世にささのであそべ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「桃栗三年柿八年」の解説

ももくり三年さんねんかき八年はちねん

桃と栗とは、芽生えのときから3年、柿は8年たてば実を結ぶということ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android