桐壺の帝(読み)きりつぼのみかど

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

桐壺の帝
きりつぼのみかど

桐壺の院ともいう。『源氏物語』中の人物。「桐壺」の巻から「花宴」の巻まで在位朱雀院に譲位後,「賢木」の巻で崩御。後宮に桐壺の更衣藤壺の中宮ら,皇子に朱雀院,光源氏,宇治八の宮らがいる。崩御後,源氏や朱雀院の夢に現れる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きりつぼ【桐壺】 の 帝(みかど)

「源氏物語」に出てくる人物。前半花宴(はなのえん)の巻まで天皇として在位。光源氏、朱雀院(すざくいん)、冷泉院(れいぜいいん)、帥宮(そちのみや)、蛍兵部卿宮などの父。桐壺の更衣を寵愛したため、仮にこう呼ばれる。桐壺の更衣の死後は、更衣によく似た藤壺を入内(じゅだい)させる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android