コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井吏登 サクライリトウ

デジタル大辞泉の解説

さくらい‐りとう〔さくらゐ‐〕【桜井吏登】

[1681~1755]江戸中期の俳人。江戸の人。服部嵐雪師事。名を残すことを好まず、晩年句稿を焼却したといわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井吏登 さくらい-りとう

1681-1755 江戸時代中期の俳人。
天和(てんな)元年生まれ。江戸の人。姉は初代深川湖十の妻花千(かせん)。服部嵐雪(らんせつ)の門にまなび,享保(きょうほう)17年嵐雪の別号雪中庵をつぎ,2代となる。編著「ぬかぶくろ」などを刊行したが,病弱のため隠棲。晩年,ほとんどの句稿を焼却させたという。宝暦5年6月25日死去。75歳。別号に李洞,人左,斑象。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

桜井吏登の関連キーワード雪中庵吏登清水周竹大島蓼太飯島吐月桜井吏登拾翠雪門