コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桜井吏登 サクライリトウ

2件 の用語解説(桜井吏登の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さくらい‐りとう〔さくらゐ‐〕【桜井吏登】

[1681~1755]江戸中期の俳人。江戸の人。服部嵐雪に師事。名を残すことを好まず、晩年句稿を焼却したといわれる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桜井吏登 さくらい-りとう

1681-1755 江戸時代中期の俳人。
天和(てんな)元年生まれ。江戸の人。姉は初代深川湖十の妻花千(かせん)。服部嵐雪(らんせつ)の門にまなび,享保(きょうほう)17年嵐雪の別号雪中庵をつぎ,2代となる。編著「ぬかぶくろ」などを刊行したが,病弱のため隠棲。晩年,ほとんどの句稿を焼却させたという。宝暦5年6月25日死去。75歳。別号に李洞,人左,斑象。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

桜井吏登の関連キーワード天和忠海鶴屋南北秋元喬知小栗美作高橋源助松井市兵衛側用人ホメオパシー大阪の製鏡業

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone