桫欏/杪欏(読み)ヘゴ

デジタル大辞泉の解説

へご【桫欏/杪欏】

ヘゴ科の常緑木生シダ。高さ約10メートル、直径約30センチに達する。の頂に、長さ約2メートルの羽状に裂けている葉が数枚、傘状に広がってつく。日本では九州・沖縄・小笠原などに分布。幹を装飾品、ランなど着生植物用の園芸材に用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

桫欏 (ヘゴ)

植物。ウラジロ科の常緑多年草,園芸植物,薬用植物。ウラジロの別称

桫欏 (ヘゴ)

植物。ウラジロ科の常緑多年草。コシダの別称

桫欏 (ヘゴ)

学名:Cyathea spinulosa
植物。ヘゴ科の常緑木本

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android