コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅村蓉子 うめむら ようこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

梅村蓉子 うめむら-ようこ

1903-1944 大正-昭和時代前期の映画女優。
明治36年10月21日生まれ。大正11年松竹蒲田撮影所に入社,「散りにし花」でデビュー。14年日活にうつり,「足にさはった女」「唐人お吉」などに出演,人気をえる。昭和19年3月8日溝口健二監督の「団十郎三代」のロケ先で病没した。42歳。東京出身。本名は鈴木花子。作品はほかに「浪華悲歌(なにわエレジー)」「祇園(ぎおん)の姉妹」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

梅村蓉子の関連キーワード続大岡政談 魔像篇第一新版大岡政談 第一篇赤い夕日に照らされて新版大岡政談 解決篇しかも彼等は行く紙人形春の囁き足にさわった女芸道一代男侍ニッポン祇園の姉妹高松 栄子柳 さく子阿部 豊砲煙弾雨残菊物語浪花女日本橋

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android