浪華悲歌(読み)ナニワエレジー

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浪華悲歌
なにわえれじー

日本映画。1936年(昭和13)作品。溝口健二(みぞぐちけんじ)監督。溝口のトーキー初期の代表作。溝口は関東大震災以降、関西に移住し、その風土を生かした作品を構想していた。日活から離れた映画プロデューサーの永田雅一(ながたまさいち)(1906―1985)が設立した独立プロダクション、第一映画で製作のチャンスが到来し、大阪を舞台に転落していく若い女性を描いた本作と、京都を舞台に芸者の姉妹を描いた『祇園(ぎおん)の姉妹(きょうだい)』(1936)の2本を、山田五十鈴(やまだいすず)の主演で映画化する。溝口とのコンビで名をはせた依田義賢(よだよしかた)のシナリオによるこの2本は、男女間の抗争のドラマをフェミニズム的な視点から描くという、溝口の年来のコンセプトが生かされており、また、関西の風土に根ざす特有のキャラクターを綿密に描き出して独自性を発揮している。一場面で一つの挿話を描くワンシーン・ワンショット(長回し)の手法を駆使し、ローキートーン(暗い画調)も確かなものとなった。日本映画は、1930年代中ごろにトーキーによるリアリズムの時代を迎え、小津安二郎(おづやすじろう)監督の『一人息子』(1936)とともに、本作もリアリズムの代表作と評価された。山田はこの作品で演技に開眼し、有力な女優として成長していく。[千葉伸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android