コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棚橋寅五郎 たなはし とらごろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

棚橋寅五郎 たなはし-とらごろう

1866-1955 明治-昭和時代の工業化学者,実業家。
慶応2年9月4日生まれ。ヨウ素の研究から塩素酸カリウム,硝酸カリウム創製にすすみ,大正2年リン製造の工業化に成功。日本化学工業,旭電化などの設立や経営にあたった。「化学工業時報」を創刊。昭和30年12月11日死去。89歳。越後(えちご)(新潟県)出身。帝国大学卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たなはしとらごろう【棚橋寅五郎】

1866‐1955(慶応2‐昭和30)
化学技術者。日本における電気化学工業先駆者。工学博士。新潟県古志郡川西村の生れ。1893年帝国大学工科大学応用化学科卒業,国産資源の活用による化学工業の確立を志し,まず海藻から医薬品用のヨードを生産し,副産物塩化カリを電気分解して塩素酸カリ(マッチ製造の重要原料)を創製し,いわゆる電解工業先鞭をつけた。この間,その工業化の場は麻布製薬合資会社から1908年創立の日本化学工業(株)の事業へと発展した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

棚橋寅五郎
たなはしとらごろう
(1866―1955)

化学技術者。新潟県の生まれ。1893年(明治26)帝国大学工科大学応用化学科を卒業。日本化学工業、鉄興社、北海電気興業、昭和特殊製鋼、日本製錬鉱業などの各会社および化学工業時報社を創立して、国内資源の開発、化学工業の発展に寄与した。在学中に海藻からヨードカリ(ヨウ化カリウム)を製造する方法を研究したほか、硝酸カリ、硫酸カリ肥料、塩素酸カリ、クロム酸塩の製法など、国内資源による独自の技術を研究開発した点が高く評価される。1939年(昭和14)十大発明家として宮中賜餐(しさん)の栄に浴した。[山崎俊雄]
『棚橋寅五郎著『化学工業六十年』(1951・同書刊行会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

棚橋寅五郎の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android