コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

棠林宗寿 どうりん そうじゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

棠林宗寿 どうりん-そうじゅ

?-1837 江戸時代後期の僧。
臨済(りんざい)宗。7歳で郷里の飛騨(ひだ)(岐阜県)禅昌寺で出家。美濃(みの)(岐阜県)梅泉寺の隠山惟琰(いんざん-いえん)に師事し法をつぐ。文化元年美濃慈恩寺の住持となり,道俗を教化したことで知られる。のち京都妙心寺住持。天保(てんぽう)8年11月10日死去。俗姓は熊崎。諡号(しごう)は大徹正源禅師。語録に「宗門玄鏡録」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

棠林宗寿の関連キーワードマン茨田郡士山田屋大助大塩平八郎サヌーシー派舎密開宗ビクトリア生田万の乱辞典スタング(父子)