森島 庫太(読み)モリシマ クラタ

20世紀日本人名事典の解説

森島 庫太
モリシマ クラタ

明治〜昭和期の薬理学者 京都帝国大学名誉教授。



生年
慶応4年4月7日(1868年)

没年
昭和18(1943)年3月18日

出生地
岐阜県

別名
号=栗陰

学歴〔年〕
東京帝大医科大学〔明治26年〕卒

学位〔年〕
医学博士

経歴
東大薬物教室で高橋順太郎教授の助手となり、明治29年ドイツ、ベルギー留学、ストラスブルク、ライプチヒ、ガン各大学で薬物学を専攻。33年帰国、京都帝大医科大教授となり、薬物学第1講座担当。評議員、医学部長を務め昭和3年退官、名誉教授。学術研究会議委員、文部省視学委員、東亜文化協議会理事、同仁会理事なども務めた。近代薬物学の功労者であり、多数の生薬有功成分を発見。賦詩、書にも長じた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

森島 庫太 (もりしま くらた)

生年月日:1868年4月7日
明治時代-昭和時代の薬理学者。京都帝国大学教授;医学博士
1943年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android