森戸 辰男(読み)モリト タツオ

20世紀日本人名事典の解説

森戸 辰男
モリト タツオ

大正・昭和期の経済学者 広島大学名誉教授・初代学長;元・文相;元・衆院議員(社会党);元・中教審会長。



生年
明治21(1888)年12月23日

没年
昭和59(1984)年5月28日

出生地
広島県福山市

学歴〔年〕
東京帝大法科大学経済学科〔大正3年〕卒

主な受賞名〔年〕
文化功労者〔昭和46年〕,勲一等旭日大綬章〔昭和49年〕,広島市名誉文市民,福山市名誉市民

経歴
大正5年東京帝大助教授、8年におきたクロポトキンの思想研究事件で朝憲紊乱の罪で禁固3ケ月を科せられ、9年休職処分となる。10年大原社会問題研究所所員となり、ドイツに留学してマルクス主義関係文献を収集。12年帰国後、論壇で活躍。戦後は社会党結成に参加し、昭和21年から衆院議員に3選。片山、芦田両内閣の文相を務めるとともに六・三・三制の学校制度、教育委員会の公選制など戦後の教育改革に尽力。25〜38年広島大学学長、のち名誉教授。その後、中央教育審議会会長、日本育英会会長、国語審議会会長などを歴任した。著作に「クロポトキンの片影」「大学の顚落」「思想と闘争」「青年学徒に与う」「学問の自由と大学の自由」「第三の教育改革」「思想の遍歴」(上下)「社会主義思想史」、翻訳にブレンターノ「労働者問題」、メンガー「全労働収益権史論」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

森戸 辰男
モリト タツオ


肩書
元・文相,元・衆院議員(社会党),広島大学名誉教授・初代学長,元・中教審会長

生年月日
明治21年12月23日

出生地
広島県福山市

学歴
東京帝大法科大学経済学科〔大正3年〕卒

経歴
大正5年東京帝大助教授、8年におきたクロポトキンの思想研究事件で朝憲紊乱の罪で禁固3ケ月を科せられ、9年休職処分となる。10年大原社会問題研究所所員となり、ドイツに留学してマルクス主義関係文献を収集。12年帰国後、論壇で活躍。戦後は社会党結成に参加し、昭和21年から衆院議員に3選。片山、芦田両内閣の文相を務めるとともに六・三・三制の学校制度、教育委員会の公選制など戦後の教育改革に尽力。25〜38年広島大学学長、のち名誉教授。その後、中央教育審議会会長、日本育英会会長、国語審議会会長などを歴任した。著作に「クロポトキンの片影」「大学の顚落」「思想と闘争」「青年学徒に与う」「学問の自由と大学の自由」「第三の教育改革」「思想の遍歴」(上下)「社会主義思想史」、翻訳にブレンターノ「労働者問題」、メンガー「全労働収益権史論」など。

受賞
文化功労者〔昭和46年〕 勲一等旭日大綬章〔昭和49年〕 広島市名誉文市民 福山市名誉市民

没年月日
昭和59年5月28日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

森戸 辰男 (もりと たつお)

生年月日:1888年12月23日
大正時代;昭和時代の社会学者;政治家。広島大学初代学長;文部大臣
1984年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

森戸 辰男の関連情報