コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンガー メンガー Menger, Anton

9件 の用語解説(メンガーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メンガー
メンガー
Menger, Anton

[生]1841.9.12. ガリチア,マニエーフ
[没]1906.2.6. ローマ
オーストリアの法学者。 C.メンガーの弟。古典的私法体系,とりわけ物権・債権・相続法を少数の所有階級の利害に奉任するものとして批判,改良主義的な社会主義的立法による改革を主張し,その立場から生存権や労働権の確立を主張したが,エンゲルスらから法曹社会主義と嘲笑された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

メンガー
メンガー
Menger, Carl

[生]1840.2.23. ノビザンク
[没]1921.2.26. ウィーン
オーストリアの経済学者。 A.メンガーの兄。オーストリア学派の祖であり,L.ワルラス,W.S.ジェボンズと並ぶ限界効用理論の確立者の一人として著名。ウィーン大学プラハ大学で法律を学び,1867年クラクフ大学から哲学の博士号取得。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メンガー(Menger)

(Karl ~)[1840~1921]オーストリアの経済学者。オーストリア学派の始祖。ジェボンズ・ワルラスとともに、ほとんど同時期に限界効用理論を確立、近代経済学の創始者の一人となった。著「国民経済学原理」「経済学の方法に関する研究」など。
(Anton ~)[1841~1906]オーストリアの法学者。の弟。法的社会主義の代表者とされ、全労働収益権・生存権労働権を基本権として確立することを提唱。著「民法と無産者階級」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

メンガー

オーストリアの法学者。C.メンガーの弟。ウィーン大学教授,のち総長。法曹社会主義の代表者。立法を通じての社会主義の漸進的建設を論じ,ドイツ民法典編纂(へんさん)にも影響を与えた。

メンガー

オーストリアの経済学者。オーストリア学派の創始者。経済性原理という個人の合理的・主観的評価をもとに限界効用理論を展開,主観価値による経済理論を組み立てた。またシュモラー歴史学派に対して精密科学としての経済理論を弁護し〈方法論争〉の口火を切った。
→関連項目限界革命限界効用学派ベーム・バウェルクメンガー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

メンガー【Anton Menger】

1841‐1906
オーストリアの法学者。兄のカールは経済学者。ウィーン大学教授・総長を歴任。民事訴訟法学者・法哲学者として,また,民主主義者・社会主義者として,本来国家活動が実現すべき目的であると考える各個人の真の生活目的(個人の生存の維持・発達,種族の繁栄,生命・身体・健康等の充足)を,私法の限界内で,自己の力で自己の危険において処理すべき私事とみなす現行私法体系,とりわけ物権・債権・相続の各法を,少数の所有階級の利害に奉仕し多数の人民大衆を苦しめるものだと批判し,平和的・改良的な社会主義的立法により資本主義秩序を民衆的労働国家へ転換させようとする立場をとった。

メンガー【Carl Menger】

1840‐1921
オーストリアの経済理論家。オーストリア学派限界分析の創始者。いわゆるミクロ経済学を現在の体系にまとめ上げたのは,メンガーとその弟子たちであるといえる。ケンブリッジ学派の創始者A.マーシャルにも理論面で大きな影響を与えた。オーストリア領であったポーランドガリシア弁護士の家庭に生まれた。ウィーン大学,プラハ大学で法律を学び,クラクフ大学で博士号を取得した。その後,総理府の新聞局に入り市場報告書を作成するうちに,価格理論への強い関心をもちはじめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

メンガー【Carl Menger】

1840~1921) オーストリアの経済学者。オーストリア学派の祖。古典学派の労働価値論に反対して限界効用理論を確立、近代経済学の創始者の一人となった。主著「国民経済学原理」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メンガー
めんがー
Carl Menger
(1840―1921)

オーストリアの経済学者、オーストリア学派の創始者。W・S・ジェボンズ、L・ワルラスと並ぶ「限界革命トリオの一人。法学者アントン・メンガーの兄。ウィーン大学、プラハ大学で法律を学び、新聞記者を経て内閣新聞局に入り、そこで市況報告を書くうちに価格理論や経済学に興味をもつようになった、といわれている。1872年ウィーン大学私講師、翌年員外教授、79年経済学教授となって、1903年F・ウィーザー席を譲るまで在職した。主著『国民経済学原理』Grundstze der Volkswirtschaftslehre(1871、第一部のみ刊行)において、消費財の価値は当該財の最終単位量が消費者に対してもつ重要度によって定まるという、今日の通称「限界効用理論」を独立に提唱し、また消費者によって直接消費されない生産財(高次財)の価値はそれを用いて生産される消費財の価値が転嫁されたものであるとして、のちにウィーザーが「帰属理論」として定式化した理論の先鞭(せんべん)をつけ、経済現象を人間の合理的行動に基づく限界効用一元論によって説明しようとした。メンガーは、従来は上述のこととともに、『社会科学の方法に関する研究』Untersuchungen ber die Methode der Sozialwissenschaften und der politischen konomie insbesondere(1883)などによる1880年代のG・シュモラーとの方法論争で著名だったが、最近は彼の時間要素の取扱い方や貨幣論面にも注意を払うメンガー再考察の動きが強まっており、このことにも関連して、子息の数学者カール・メンガーKarl Menger(1902―85)により彼の死後出版されながら、従来はほぼ無視されていた『国民経済学原理』の父の書き込みに基づく増補第2版(1933。同年から36年にかけて刊行された4巻の『メンガー全集』の第1巻。邦訳書名『一般理論経済学』)や貨幣論論文への関心が高まっている。[早坂 忠]
『安井琢磨・八木紀一郎訳『国民経済学原理』(1999・日本経済評論社) ▽八木紀一郎他訳『一般理論経済学』全2巻(1982、84・みすず書房) ▽戸田武雄訳『社会科学の方法に関する研究』(1937・日本評論社) ▽福井孝治・吉田昇三訳『経済学の方法に関する研究』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のメンガーの言及

【法社会学】より

…まず,市民革命ないし近代市民国家の成立の前後において,これに即応する制定法とくに法典の編纂の前提として,全体的な法的社会像を描く努力がなされた。フランスのJ.E.M.ポルタリス,ドイツのR.イェーリングO.F.vonギールケ,オーストリアのA.メンガーなどがその例である。 ついで資本主義の高度な発展により,法と社会とのギャップが顕在化したとき,自由法論を経由して,法社会学が,法社会学という名の下に自覚的な発展を始めた。…

【法曹社会主義】より

…マルクス経済理論がリカード派社会主義からの剽窃(ひようせつ)だとする議論を含むA.メンガーの著《全労働収益権史論》(1886)へのF.エンゲルス(一部はK.カウツキー)の反論論文《法曹社会主義》(1887)において創出された概念。〈法曹社会主義〉という嘲笑的意味を含んだ言葉が生まれ,メンガーがその代表者とみられた。…

【労働権】より

… 現在〈労働権〉という言葉は,一般に,資本主義の発展とともに重大な社会問題となった失業問題の激化を契機として提唱されるに至った新しい権利をさす言葉として用いられている。このような労働権の法律的な概念構成を企て,その後の学説にも大きな影響を与えたのが,法曹社会主義者A.メンガーである。彼は,すべての人間が労働の義務を負うと同時に労働の機会をも保障されるような社会主義体制の樹立,資本の私的所有の否定を究極の理想としながらも,資本主義から社会主義体制への移行は,法律制度の改革を通じて漸次的・平和的に行わなければならぬとする立場から,資本主義体制のもとでも,労働の意思と能力をもちながら私企業等に就業しえない者は,国家に対して労働の機会を提供すべきこと,もしそれが不可能ならば相当の生活費を支給すべきことを請求しうる権利が認められなければならないと主張して,これを資本制法秩序に接合させられるべき〈生存権〉の一種としての〈労働権〉とよんだ。…

【オーストリア学派】より

…経済学における限界革命において,L.ワルラス,W.ジェボンズとともにその三大巨星であったウィーン大学のC.メンガー,およびその流れをくむ経済学者たちの学派。ウィーン学派とも呼ぶ。…

【価値】より

…つまり,諸商品はそれぞれ異なった有用性をもつという意味で異化されているが,消費者に効用もしくは満足をもたらすという点では同化されているのであり,この同化性のうえに交換価値が成り立つとみるのである。効用価値説を採用したのは,H.ゴッセンのような先駆者はいるものの,学説史的な区分としてはW.S.ジェボンズ,L.ワルラスそしてC.メンガーによってはじめられた新古典派経済学である。そして効用価値説は,消費者というまぎれもない個人のもつ主観に価値の源泉を見いだすことを通じて,新古典派に特有の個人主義的な市場観の支柱にもなった。…

【貨幣】より

…これによって交換も広範囲,大規模となっていく。この説はC.メンガーによって精緻(せいち)に展開されているが,A.スミスに始まる古典派経済学,およびマルクスによっても主張されているところである。(2)装飾品貨幣説 上記の交換説で最後にどのような財が貨幣になるかを考えるとき,交換説は通常,食生活における日常品,すなわち小麦,塩などを念頭におくことが多い。…

【経済学説史】より

…そのような試みにより,転化問題,利潤率の傾向的低下の法則などが批判的に解明されたのである。
【近代経済学】
 近代経済学なる用語は日本における造語であるが,若干の先行者を別にすれば,古典派経済学に対して,《経済学の理論》(1871)の著者W.S.ジェボンズ,《国民経済学原理》(1871)の著者C.メンガー,そして《純粋経済学要論》(1874‐77)の著者L.ワルラスの3人が,新しい経済学を体系的に展開したいわゆる限界革命が,近代経済学の始まりであるといえる。限界革命とよばれるのは,この3人がイギリスのマンチェスター,オーストリアのウィーン,そしてスイスのローザンヌにおいて,独立に,ほぼ同時に,限界効用,さらには限界生産力などの限界概念を駆使した経済理論を樹立したからにほかならない。…

【限界革命】より

…1870年代にW.S.ジェボンズC.メンガーL.ワルラスの3人の経済学者が,ほぼ同時に,かつ独立に限界効用理論を基礎にした経済学の体系を樹立し,古典派経済学に対して近代経済学を創始したことをいう。早坂忠の考証によれば,1930年代にJ.R.ヒックスが,限界効用理論をはじめて使うという一般的な意味で限界革命という表現を使用し,ついでH.ミントが1870年代の経済学の革命を限界革命とよんだという。…

※「メンガー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メンガーの関連キーワードオーストリア学派ミーゼスオーストリア併合オーストリアハンガリー帝国オーストリーオーストリア放送交響楽団オーストリアワインオーストリアのメーデーオーストリアン・スムース・ブラッケオーストリア美術

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メンガーの関連情報