森長直(読み)もり ながなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

森長直 もり-ながなお

1673*-1722 江戸時代前期-中期の大名。
寛文12年11月22日生まれ。森長継(ながつぐ)の8男。元禄(げんろく)11年(1698)備中(びっちゅう)(岡山県)西江原藩主森家2代となる。宝永3年(1706)播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)2万石に転封(てんぽう)。浅野家の代にひきつづいて塩田を開発した。享保(きょうほう)7年8月24日死去。51歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android