(読み)ムク

  • ×椋
  • 椋 (ムクノキ・ムク)

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 椋木(むくのき)、また、その実。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※右京大夫集(13C前)「兼光の中納言の、しきじなりし比、むくを六つつみておこせたるに」
② 「むくどり(椋鳥)」の略。《・秋》
※俳諧・続猿蓑(1698)上「むれて来て栗も榎もむくの声〈沾圃〉 伴僧はしる駕のわき〈芭蕉〉」
姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

椋の関連情報