コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植松自謙 うえまつじけん

3件 の用語解説(植松自謙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

植松自謙
うえまつじけん

[生]寛延3(1750).信濃,諏訪
[没]文化7(1810).5.4. 京都
江戸時代後期の心学者。名は徳恭,通称和助。父は諏訪在の名主。中沢道二のもとで石田梅岩の心学を学び,寛政6 (1794) 年 45歳のとき,道話を開始し,諸国を遊説した。享和3 (1803) 年道二が病死すると同時に,道二の参前舎を継ぎ舎主となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植松自謙 うえまつ-じけん

1750-1810 江戸時代後期の心学者。
寛延3年生まれ。信濃(しなの)瀬沢新田村(長野県富士見町)の名主の役を弟にゆずり,江戸で参前舎の中沢道二にまなぶ。師の没後は大島有隣(うりん)と交代で参前舎主をつとめた。信濃,甲斐(かい)(山梨県)など各地をめぐって教えを説き,和助菩薩(ぼさつ)とよばれた。文化7年5月4日死去。61歳。名は徳恭。通称は和助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

植松自謙

没年:文化7.5.4(1810.6.5)
生年:寛延3(1750)
江戸時代の心学者。名は徳恭,通称和助。信濃国諏訪郡落合村瀬沢新田(長野県富士見町)に名主徳左衛門の嫡子として生まれる。16歳のとき江戸に出たが,数年で帰郷。26歳で家を継いで名主となるが,のちにそれを弟に譲り江戸に出る。寛政3(1791)年ごろに参前舎の中沢道二に師事し,心学を学ぶ。道二没後は,大島有隣と輪番交代で参前舎主を務めた。道話に優れ,江戸だけでなく諸国を巡回し,心学教化に努め,特に甲州(山梨県),信州(長野県)に大きな勢力を持った。慈悲深く,和助菩薩と呼ばれ人々に慕われたが,文化5(1808)年京都遊説に赴き,病を得,中沢道二の子・道甫の家で没した。<参考文献>石川謙『石門心学史の研究』

(米山光儀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

植松自謙の関連キーワード薩埵徳軒布施松翁道話埼玉県北葛飾郡杉戸町近藤名洲慈恩尼柴田游翁志村天目平野橘翁矢口来応