コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

植物性機能 しょくぶつせいきのうvegetative function

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

植物性機能
しょくぶつせいきのう
vegetative function

動物における生理機能のうち,運動と神経系に関する機能 (被刺激性機能) は動物に特有と考え,これらを除いた諸機能,すなわち成長,栄養生殖外分泌および内分泌などをいう。たとえば栄養に関しては消化や血液循環も関係し,他の機能についても同様に,動物独自の機能面が関与しているので,これらを「植物性」と表現するのは妥当でない点もあるが,上記のような諸機能はごく原理的には植物にも共通であるとの見方から,こうした形容が生れ,いまも慣用されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の植物性機能の言及

【植物人間】より

…脳の外傷や脳の病気などで意識のない状態となり,入院して強力な治療を受けて一命をとりとめたものの,意識がもどらない状態になった人間のこと。〈植物〉とは,植物のように動かないということではなく,〈植物性機能だけが働いていて,動物性機能が働いていない状態〉のことをさし,このような状態をさして1972年以後,〈植物状態〉というようになった。 人間の営む働き(機能)を,生理学の教科書では伝統的に二つに大きく分けてきた。…

【自律機能】より

…自律機能は,植物性機能あるいは不随意機能と呼ばれ,生体にとって最も基本的な,循環,呼吸,消化,排出,代謝,分泌,体温,生殖などの諸機能のことをいう。自律機能は,生体内の内部環境を常時,生命の維持に最適な状態に保つように主として自律神経系ホルモンによって調節されているが,一部運動神経系によっても調節されうる。…

※「植物性機能」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

植物性機能の関連キーワード自律神経系動物性機能植物状態植物人間自律機能生理学呼吸

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

植物性機能の関連情報