コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外分泌 がいぶんぴexternal secretion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外分泌
がいぶんぴ
external secretion

体表,消化管体腔などに導管を通じて行なう分泌。汗,乳汁皮脂消化液のほかに,魚類体表粘液,貝類の殻,ミツバチのろう,クモカイコの紡出する糸,毒ヘビハチ毒液なども外分泌作用によるもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

がいぶんぴつ【外分泌】

分泌物が導管を通じて体表または消化管内に排出される現象。がいぶんぴ。 ⇔ 内分泌

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の外分泌の言及

【分泌】より

…動物ではふつう,分泌活動を主とする細胞は集合して分泌腺を形成する。消化腺や皮膚腺のように,分泌物を体腔や体外に導く管を備える場合,これを外分泌と呼ぶのに対し,分泌物を直接血液や体液中に放出するのは内分泌である。内分泌される物質はホルモンと総称される。…

※「外分泌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

外分泌の関連キーワードシェーグレン症候群ランゲルハンス島外分泌と内分泌膵臓機能検査法膵嚢胞性線維症嚢胞性繊維症嚢胞性線維症筋上皮細胞膵機能検査漿液細胞粘液水腫内分泌腺腺房細胞皮膚腺絹糸腺粘液腺出糸腺ムチン分泌腺消化腺

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外分泌の関連情報