植田敏郎(読み)うえだ としろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

植田敏郎 うえだ-としろう

1908-1992 昭和-平成時代のドイツ文学者。
明治41年1月17日生まれ。東京外大,一橋大などの教授を歴任。近代文学,児童文学の翻訳・紹介につとめ,昭和48年「クリュス選集」で翻訳文化賞をうけた。平成4年10月21日死去。84歳。広島県出身。東京帝大卒。訳書はほかにトーマス=マン「トーニオ・クレーガー」,ケストナー「飛ぶ教室」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android