コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

検地竿 ケンチザオ

百科事典マイペディアの解説

検地竿【けんちざお】

検地の際に使用された測量用具。間竿(けんざお)ともいう。太閤検地では6尺3寸〜1間の竿が用いられた。江戸幕府は6尺を1間としたが,実際には竿の両端が摩耗することを見込んでつけられた砂摺(すなず)りを加えた6尺1分の竿が使用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんちざお【検地竿】

間竿(けんざお)ともいう。太閤検地以来,検地の際に使用された測量用具で,検地のことを竿入竿打などともいった。太閤検地では基準となるべき曲尺1尺(約30.3cm)の検地尺をもとに作製された6尺3寸(約190.9cm)=1間の竿を用いた。江戸幕府は6尺(約181.8cm)を1間としたが,実際には1間につき1分(約0.3cm)の砂摺りを加えた6尺1分(約182.1cm)の一間竿と1丈2尺2分(約364cm)の二間竿との2種が使用された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の検地竿の言及

【寛文・延宝検地】より

… 寛文・延宝検地は,関東では1668年(寛文8)と78年(延宝6)とを中心にして実施され,畿内では1676‐78年ころに実施されている。寛文・延宝検地では,検地竿を短縮し(古検6尺3寸竿から6尺1寸竿へ),新規竿入れ処の基準を厳しくし,測量方法の厳密化をはかったが,畿内では検地による出高や新開高が意外に少量である。たとえば河内国丹北郡更池(さらいけ)村では,出高27石4斗余,新開高1石1斗弱,計28石4斗8升6合(村高の17.4%)である。…

【太閤検地】より

…それゆえ,彼らは検地反対一揆を起こして実力で領主に対抗することもあった。
[施行原則]
 太閤検地の施行の際には,6尺3寸=1間の検地竿を用い,1間四方を1歩,300歩=10畝を1反,10反を1町として土地を丈量した。曲尺(かねじやく)の1尺の実際の長さを表示した検地尺も残されている。…

※「検地竿」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

検地竿の関連キーワード慶安検地条目三木勘兵衛間竿・間棹備前検地石見検地

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android