コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠木正時 クスノキマサトキ

4件 の用語解説(楠木正時の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くすのき‐まさとき【楠木正時】

[?~1348]南北朝時代の武将。正成の次男。元弘の変以来各地で転戦。兄正行(まさつら)とともに四条畷(しじょうなわて)で高師直(こうのもろなお)・師泰の軍と戦い、敗れて自害。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠木正時 くすのき-まさとき

?-1348 南北朝時代の武将。
楠木正成(まさしげ)の次男。河内(かわち)(大阪府)の人。兄正行(まさつら)とともに南朝方の将として,畿内(きない)各地を転戦。貞和4=正平(しょうへい)3年1月,高師直(こうの-もろなお)・師泰(もろやす)の大軍を河内四条畷(しじょうなわて)にむかえ撃つがやぶれ,同月5日正行とさしちがえて死んだ。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

楠木正時

没年:貞和4/正平3.1.5(1348.2.4)
生年:生年不詳
南北朝期の武将,楠木正成の次男。兄に正行がいる。次郎と称する。『太平記』巻26の伝えるところによれば,貞和3/正平2(1347)年,兄正行と共に吉野の後村上天皇のもとに向かい,後醍醐天皇の廟を拝したのち,足利方の高師直らの軍勢と戦うために正行と河内国(大阪)四条畷に出陣したとある。このとき,正行が如意輪寺の扉板に辞世の歌を刻み込んだことはよく知られている。四条畷では3000の兵を率い高軍と戦ったが敗れ,ついに兄正行と刺し違えて自害,内乱の中で短い生涯を終えた。<参考文献>植村清二『楠木正成』

(小森正明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くすのきまさとき【楠木正時】

?~1348) 南北朝時代の武将。正成の次男。通称、次郎。1348年、四条畷しじようなわてに高師直こうのもろなおと戦って敗れ、兄正行と刺しちがえて死んだ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

楠木正時の関連キーワード楠木正季楠木流楠木楠木正家楠木正勝楠木正成妻和田賢秀橋本正高橋本正茂和田正隆

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone