コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

楠木正時 クスノキマサトキ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楠木正時 くすのき-まさとき

?-1348 南北朝時代の武将。
楠木正成(まさしげ)の次男。河内(かわち)(大阪府)の人。兄正行(まさつら)とともに南朝方の将として,畿内(きない)各地を転戦。貞和4=正平(しょうへい)3年1月,高師直(こうの-もろなお)・師泰(もろやす)の大軍を河内四条畷(しじょうなわて)にむかえ撃つがやぶれ,同月5日正行とさしちがえて死んだ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

楠木正時

没年:貞和4/正平3.1.5(1348.2.4)
生年:生年不詳
南北朝期の武将,楠木正成の次男。兄に正行がいる。次郎と称する。『太平記』巻26の伝えるところによれば,貞和3/正平2(1347)年,兄正行と共に吉野の後村上天皇のもとに向かい,後醍醐天皇の廟を拝したのち,足利方の高師直らの軍勢と戦うために正行と河内国(大阪)四条畷に出陣したとある。このとき,正行が如意輪寺の扉板に辞世の歌を刻み込んだことはよく知られている。四条畷では3000の兵を率い高軍と戦ったが敗れ,ついに兄正行と刺し違えて自害,内乱の中で短い生涯を終えた。<参考文献>植村清二『楠木正成』

(小森正明)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

大辞林 第三版の解説

くすのきまさとき【楠木正時】

?~1348) 南北朝時代の武将。正成の次男。通称、次郎。1348年、四条畷しじようなわてに高師直こうのもろなおと戦って敗れ、兄正行と刺しちがえて死んだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

楠木正時の関連キーワード植村清二元弘

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android