楢崎勤(読み)ならさき つとむ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

楢崎勤 ならさき-つとむ

1901-1978 昭和時代の編集者,小説家。
明治34年11月7日生まれ。新潮社にはいり,雑誌「新潮」を編集。かたわら小説をかき,中村武羅夫(むらお)を中心とする十三人倶楽部(クラブ)に属し,新興芸術派倶楽部にも参加。戦後は読売新聞社初代図書編集部長。昭和53年12月1日死去。77歳。山口県出身。同志社大中退。作品に「神聖な裸婦」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android