コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春菊 シュンギク

3件 の用語解説(春菊の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅん‐ぎく【春菊】

キク科の一年草または二年草。高さは20~60センチ。葉は深い切れ込みがあり、柔らかい。夏から秋に黄あるいは白色の頭状花を開く。香りが高く、食用として栽培される。菊菜(きくな)。 春》「夕支度―摘んで胡麻摺って/時彦」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

春菊

葉物野菜の一種。室町時代に中国から伝わったとされる。葉は鮮やかな緑色で、切れ込みがある。独特の香りがあり、おひたしや鍋物などに用いられる。葉の大きさにより大葉、中葉、小葉種にわかれ、大葉は切れ込みが浅くやわらかい。成長すると株が横に張り出す「株張り中葉」種が最も生産量が多い。日本全国、とくに千葉県、大阪府、茨城県などで多く生産される。関西では「菊菜」と呼ばれる

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅんぎく【春菊】

キク科の一、二年草。地中海沿岸原産。若い茎葉は独特の香りがあり、野菜とするため栽培する。高さ50センチメートル 内外。葉は、羽状に深裂。夏、黄色または白色の頭花をつける。菊菜。茼蒿。 [季] 春。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

春菊の関連情報