コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中村武羅夫 なかむらむらお

6件 の用語解説(中村武羅夫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中村武羅夫
なかむらむらお

[生]1886.10.4. 岩見沢
[没]1949.5.13. 藤沢
評論家,ジャーナリスト小学校卒業後,『文章世界』の投稿から文学活動を始めた。小栗風葉に師事した縁で『新潮』の編集に参加,名編集者として知られた。 1925年には戸川貞雄岡田三郎らと『不同調』を創刊,かたわら文芸評論の筆をとり,大正末の私小説論争,29年の『誰だ? 花園を荒す者は!』におけるマルクス主義文学批判など,文壇の時流に敏感な時評家の面目を示した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なかむら‐むらお〔‐むらを〕【中村武羅夫】

[1886~1949]小説家・評論家。北海道の生まれ。小栗風葉に師事し、雑誌「新潮」の編集者として活躍。また、同人誌「不同調」を創刊。評論「誰だ?花園を荒すものは!」、小説「地霊」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

中村武羅夫【なかむらむらお】

編集者,小説家,評論家。北海道生れ。文学を志望して1907年上京。翌年《新潮》の訪問記者となって作家の訪問記事により名を上げ,また国木田独歩追悼号の編集が文壇の高い評価を得た。
→関連項目嘉村礒多佐藤義亮新興芸術派

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中村武羅夫 なかむら-むらお

1886-1949 大正-昭和時代の小説家,評論家。
明治19年10月4日生まれ。小栗風葉(おぐり-ふうよう)に師事。明治41年「新潮」の記者となり作家訪問記で名をあげる。のち編集長。プロレタリア文学に対抗し,新興芸術派運動の中心となった。昭和24年5月13日死去。64歳。北海道出身。名は「ぶらふ」ともよむ。小説に「人生」「地霊」,評論に「誰(だれ)だ? 花園を荒す者は!」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

なかむらむらお【中村武羅夫】

1886~1949) 小説家。北海道生まれ。雑誌「新潮」の編集長。また、同人誌「不同調」を主宰。通俗小説「人生」「地霊」、評論「誰だ?花園を荒す者は!」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中村武羅夫
なかむらむらお
(1886―1949)

評論家、小説家、編集者。北海道岩見沢生まれ。1907年(明治40)から『新潮』の編集を手伝い、大正時代には編集の中心人物となる。1925年(大正14)堀木克三(かつぞう)、岡田三郎らと『不同調』を創刊。さらに『近代生活』を創刊するなど、純文学の立場から、一貫してプロレタリア文学に対立した。評論『誰だ?花園を荒す者は!』(1928)はそうした姿勢のなかから生まれた純文学擁護論だった。小説に『地霊』(1930)、文学的回想に『明治大正の文学者』(1949)がある。[遠矢龍之介]
『『明治大正の文学者』(1983・日本図書センター)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の中村武羅夫の言及

【新興芸術派】より

…昭和初年,反マルクス主義をかかげて結成されたモダニズムの文学集団。1928年,雑誌《新潮》の編集長だった中村武羅夫(1886‐1949)は,評論《誰だ? 花園を荒す者は!》(のち同名の評論集に収録)を書き,純文学の花園を踏み荒らそうとするプロレタリア文学にたいする危機意識を表明したが,翌29年には,廃刊された《不同調》にかわって創刊された《近代生活》を中心に,中村が音頭をとって芸術主義の文学集団〈十三人俱楽部〉が結成された。主要なメンバーは,中村のほか,川端康成,竜胆寺雄(りゆうたんじゆう),浅原六朗,嘉村礒多,久野豊彦らである。…

【私小説】より

…この段階で私小説の日本的特異性が気づかれ始め,〈私小説〉が概念として確立され,私小説論議が盛んになった。その中で中村武羅夫〈本格小説と心境小説〉(1924)は心境小説批判の側に立ったのに対し,久米正雄〈私小説と心境小説〉(1925)は本格小説を通俗的と決めつけ,私小説こそ人の肺腑をつく芸術の本道であるとする擁護の立場に立っていた。
[私小説論と作品の系譜]
 私小説の長所はつくりごとや虚飾を去った自己認識を通じ,人間性の醇化(じゆんか)と救済に向かい,東洋的悟道,全世界と自己の宥和(ゆうわ)に達するところにある。…

※「中村武羅夫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

中村武羅夫の関連キーワード岩見沢市岩見沢北海道岩見沢市駒園北海道岩見沢市栄町北海道岩見沢市志文町北海道岩見沢市東山北海道岩見沢市双葉町北海道岩見沢市緑町北海道岩見沢市南町北海道岩見沢市若駒

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone