コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極北美術 きょくほくびじゅつArctic art

世界大百科事典 第2版の解説

きょくほくびじゅつ【極北美術 Arctic art】

スカンジナビア,フィンランド,北ロシアに広く分布する,中石器時代の岩面画の総称。1848年に北ロシアのオネガ湖畔で発見されたのが最初で,その後1880年に北スウェーデンで,20世紀に入ってからノルウェー各地で続々と発見された。これらは,前6千年紀から前2千年紀中ごろにかけて狩猟・漁労民によって刻まれた北部グループ(北部・中部ノルウェー,フィンランド,北ロシア,シベリア)と,前2千年紀から紀元前後にかけてすでに青銅器を所有していた農耕・牧畜民の制作にかかる南部グループ(スウェーデン)に分けられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の極北美術の言及

【先史美術】より

…そして南部のひじょうに様式化された岩面画は,青銅器時代の農耕・牧畜民の制作にかかるもので,前2千年紀から紀元前後までつくられた。前者を極北美術,後者をスカンジナビア図式美術と呼ぶ。
[極北美術]
 極北美術の主題はオオジカ,トナカイ,シカ,熊,鯨,アザラシ,魚などで,人物はまれである。…

【ビンゲン】より

…ノルウェー西岸のノルドフィヨルドにある,極北美術最大の遺跡。1912年に約1200点の岩面刻画が発見され,63年にも約300点が見いだされた。…

※「極北美術」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

極北美術の関連キーワードスカンジナビアX線描法ビンゲン北欧美術原始美術

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android