コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極微 ごくみ paramāṇu

7件 の用語解説(極微の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極微
ごくみ
paramāṇu

仏教用語。物質 (色法) を極限まで分割したもので,原子のようなもの。一指節を 710 または 711 で除した大きさに相当。堅湿なん動の4性質のいずれかを有する。この4つはそれぞれ地,水,火,風の独自の性質である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きょく‐び【極微】

[名・形動]きわめて小さいこと。また、そのさま。ごくび。「極微の世界」「極微な生物」

ごく‐び【極微】

[名・形動]
非常に小さいこと。また、そのさま。きょくび。
その道のきわめて微妙な点。また、その道の奥義。

ごく‐み【極微】

《〈梵〉paramāṇuの訳》仏語。物質を最も微細なところまで分割した最小の実体。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きょくび【極微】

目に見えないほどきわめてこまかいこと。ごくび。 「 -の世界」

ごくび【極微】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
非常に小さい・こと(さま)。きょくび。
その道のきわめて微妙な点。奥義。 → ごくみ(極微)

ごくみ【極微】

仏教で、それ以上分かつことのできない最小の存在をいう。また、そのものの大きさ。極細塵。パラマーヌ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の極微の言及

【原子論】より

…なお,仏教徒はその小乗有部(うぶ)の哲学で色法(もろもろの存在)形成の基底に,ベーダーンタ学派はその哲学の中心たる個人我(アートマン)存在の様態の説明にやはり原子論をとっている。極微(ごくみ)は漢訳仏典が原子anu(paramāṇu)に与えた訳語である。原子【蒔田 徹】。…

※「極微」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

極微の関連キーワード蕞爾細微惨絶微細微小渺乎零砕穎悟激甚万尋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

極微の関連情報