コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極(め)札 キワメフダ

デジタル大辞泉の解説

きわめ‐ふだ〔きはめ‐〕【極(め)札】

短冊形の札に記した、刀剣・書画などの鑑定書。折り紙。極め書き

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の極(め)札の言及

【極書】より

…〈極め〉とは鑑定の意であり,職業的鑑定家である古筆家が短冊形の小紙片(7×1.5cm)に〈熊野懐紙 後鳥羽院 印〉などと書く。これを極札(きわめふだ)という。16世紀の桃山文化華やかな時代に初代古筆家了佐が出現し,豊臣秀吉より〈古筆〉姓を賜り,印文〈琴山〉の印を使用した(古筆了佐)。…

【極付】より

…〈極札(きわめふだ)〉のついているという意味。したがって,証明つきの,定評あるという意味になり,歌舞伎では,ある俳優のほかにくらべるもののないほど安定した芸をさす用語になった。…

【古筆了佐】より

…江戸時代には幕府から屋敷を拝領し,当時の人々から〈古筆見〉と呼ばれた。依頼に応じて鑑定結果を記し,〈琴山〉印を押した短冊形の紙片は極札(きわめふだ)と呼ばれ,伝来や古筆の格付けを知る上で貴重なものである。しかし筆者の真偽の鑑定は,今日の方法とは異なっている。…

※「極(め)札」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

極(め)札の関連キーワード短冊形古筆手鑑極書極付

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android