コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極限等級 きょくげんとうきゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極限等級
きょくげんとうきゅう

ある条件下に集計した恒星集団のなかで,最も暗い星の等級。たとえば,肉眼の極限等級は6等である。一般に星表作成の際には,その目的によって極限等級を定める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

極限等級【きょくげんとうきゅう】

天体望遠鏡で検出可能なもっとも光の弱い星の等級。検出の限界は検出器の出力(信号)とそのゆらぎ雑音)との比がほぼ3より大きいときで,これ以下では星と雑音との区別がつかなくなる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょくげんとうきゅう【極限等級 limiting magnitude】

天体望遠鏡で検出することのできる最微光星の等級。検出器としては眼視のほかに写真,光電管,撮像素子などが用いられる。検出の限界は検出器の出力(信号S)とそのゆらぎ(雑音N)との比がS/N≿3のときで,これ以下では星と雑音の区別がつかない。信号Sは望遠鏡の口径Dの2乗と積分時間Tとの積に比例する。雑音Nは小口径望遠鏡では検出器の雑音,口径が大きくなると星自身の光のゆらぎ(ショット雑音)で決まる。さらに検出可能な星の明るさが暗くなって夜空の明るさ,あるいはそれ以下になると雑音は夜空からの光のゆらぎで決まる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

極限等級の関連キーワード天体望遠鏡