コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構える カマエル

2件 の用語解説(構えるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かま・える〔かまへる〕【構える】

[動ア下一][文]かま・ふ[ハ下二]
整った形に作り上げる。組み立ててつくる。「新居を―・える」「店を―・える」「一家を―・える」

㋐前もって準備を整える。ある態度をとって、その状況に応じる。「膳を―・える」「ストを―・える」
㋑ある物を、すぐに使えるように準備して手に持つ。「カメラを―・える」「バットを―・える」
計画する。たくらむ。「事を―・える」
ごまかすためにわざと作り上げる。作り事をする。「言を―・える」

㋐事に備えて、ある姿勢・態度をとる。「来るなら来いと―・える」「のんきに―・えてもいられない」
㋑相手に対して心の備えをする。「あまり―・えないで楽にして下さい」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かまえる【構える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 かま・ふ
(形や内容を整えて)立派に作り上げる。組み立てて作る。 「門を-・える」 「店を-・える」 「一家を-・える」
ある姿勢や態度をとって相手に対する。 「飛び掛かろうと-・えている」 「ストを-・える」
武器を手にして、身のそなえとする。 「銃を-・える」 「刀を上段に-・える」
作り事をする。 「口実を-・える」 「虚言を-・える」
仕組む。たくらむ。 「事を-・える」 「帝を傾け奉らむと-・ふる罪によりて/栄花 月の宴
(物事に備えて)ある態度をとる。 「低く-・える」 「のんびり-・える」 「お高く-・える」 「斜に-・える」 「 - ・えず気楽に聞いて下さい」 〔中世にはヤ行にも活用した。「野心ヲ-・ユル/日葡」。「構う」に対する他動詞〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

構えるの関連キーワード着替える浚える復習える為終える供える出迎える称える引っ捕まえる横たえる待構える

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

構えるの関連情報