コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

構造改革特別区 こうぞうかいかくとくべつく Special Zones for Structural Reform

1件 の用語解説(構造改革特別区の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

構造改革特別区

2002年4月に経済財政諮問会議がまとめた中間報告書を受け、7月に構造改革特区推進本部が発足、12月には構造改革特別区域法(特区法)が公布された。03年4月の第1弾認定後、07年7月までに累計963件の構造改革特区が認定された。なお、その他に特例が全国化され取り消しになったものが563計画ある。特区の狙いは、民間、地方自治体NPOなどからの発案をもとに、限定した特定の地域で、農業、医療、教育などの分野において規制緩和・廃止をし、構造改革を進めること。特区で成功すれば全国レベル規制改革に拡大する。03年7月に設置された特区評価委員会(八代尚宏委員長)の評価を受け、特区を全国に拡大する、廃止するといった判断がなされる。

(本庄真 大和総研監査役 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

構造改革特別区の関連キーワード経済財政諮問会議政府税調総額抑制方式歳出・歳入一体改革経済財政白書経済財政政策担当大臣重要政策会議骨太の方針大竹文雄大田弘子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

構造改革特別区の関連情報