コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

槍先 ヤリサキ

デジタル大辞泉の解説

やり‐さき【×槍先】

槍の先端。槍の穂先。
攻撃の方向。ほこさき。
「今度は愛子の方に―を向けた」〈有島或る女
争いの始まり。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やりさき【槍先】

槍の先端。槍の穂先。また、槍。 「 -にかかる」
攻撃の方向。また、その勢い。ほこ先。 「 -を向ける」
戦いの始まり。 〔日葡〕
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

槍先の関連キーワードポヴァティ・ポイントの記念碑的土構造物バンネアンデルタール人石槍(せきそう)ムンディガク遺跡バルディビア文化ソリュートレ文化バーンチェーン槍玉に挙げるブルロアラー馬場平遺跡神子柴遺跡宝蔵院流縄文文化骨角器尖頭器青葉者石槍愛子狩猟

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

槍先の関連情報