コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標の内 シメノウチ

デジタル大辞泉の解説

しめ‐の‐うち【標の内】

しめ縄の張ってある内側。神社の境内や宮中など、立ち入り禁止の特定の領域内。⇔標の外(ほか)
松の内 新年》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しめのうち【標の内】

しめを張って出入りを禁じている特定の領域内。神社の境内や禁中などをいう。 「 -は昔にあらぬ心地して神代のことも今ぞ恋しき/源氏 絵合
松の内。 [季] 新年。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

標の内の関連キーワード経営費用論標の外出入り計画源氏禁中しめ神代絵合

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android