コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

標準生計費 ヒョウジュンセイケイヒ

5件 の用語解説(標準生計費の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひょうじゅん‐せいけいひ〔ヘウジユン‐〕【標準生計費】

一定の時と所において、標準的な生活水準を維持するのに必要な生活費。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

標準生計費【ひょうじゅんせいけいひ】

最低生活費

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうじゅんせいけいひ【標準生計費】

一定の時点,地域において標準的と思われる生活を営むために必要な生活費のことをいう。賃金の決定,国民生活の現状認識,国民生活の目標設定などの資料として利用価値は大きい。しかし,どのような生活内容が標準的かという点については,まだ万人を納得させるものは得られていない。このため通常は,勤労者世帯や夫婦と子ども2人で構成する4人世帯の実態生計費の平均値または並数値(度数分布のうち最頻度数の生計費)などを使用したり,時にはマーケット・バスケット方式などにより算定し使用したりする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ひょうじゅんせいけいひ【標準生計費】

ある時と所において標準的生活水準を維持するのに必要とされる生活費。標準世帯における家計調査による実態生計費と、理論生計費とがある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

標準生計費
ひょうじゅんせいけいひ

一定の時と場所における標準的な生活水準を維持するに必要な生活費のことをいう。標準生計費の算定方式には、標準世帯における家計調査の中位数または平均値による実態生計費と、標準的カロリー値を求めてマーケットバスケット方式によって費用を算出する理論生計費とがある。わが国で一般によく知られているのは、人事院または地方公共団体人事委員会公務員給与改定勧告に付随して示す、世帯人員別の標準生計費であるが、これは、世帯人員1人当りの食料費をマーケット・バスケット方式によって算出し、また食料費以外の費用については総務省の家計調査(毎年4月の費目別・世帯人員数別換算係数を乗じて算定)から測定する。これによって算出された生計費の水準は、平均値より低い並数値に相当する。[小泉幸之助]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

標準生計費の関連キーワード代表性期間中立地帯準的定時標準的食事標準標準試料配置販売慣行農法

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone