コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

樽岸遺跡 たるぎしいせき

3件 の用語解説(樽岸遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

樽岸遺跡
たるぎしいせき

北海道後志総合振興局黒松内町にある先土器時代の遺跡。標高 100mの丘陵上の南西斜面にある。1954年市立函館博物館を中心として発掘調査が行なわれた。遺物は表土層下の樽岸粘土層から出土した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

樽岸遺跡【たるぎしいせき】

北海道黒松内町にある旧石器時代の遺跡。地表下20〜50cmの粘土層から石器が発見された。石器は,15〜20cmの長大なブレードを主とし,舟形石器や石核も発見されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

樽岸遺跡
たるぎしいせき

北海道後志(しりべし)総合振興局管内の黒松内(くろまつない)町にある先縄文時代の遺跡。調査は、1954年(昭和29)函館(はこだて)市立博物館の主催で行われた。遺物は硬質頁岩(けつがん)製の石刃(せきじん)および石核(せっかく)が主であり、狭義の石器の数が少ない。時期的な位置は議論がなされているが、定着はしていない。北海道における初めての先縄文文化の本格的発掘調査であったため、北海道学芸大学、北海道大学、明治大学から研究者を招いて行われた。学史的にきわめて貴重な遺跡。[藤本 強]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

樽岸遺跡の関連キーワード後志総合振興局胆振後志北海道虻田郡北海道岩内郡北海道雨竜郡北海道釧路〈総合振興局〉北海道寿都郡黒松内町黒松内北海道後志〈総合振興局〉北海道寿都郡

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone