黒松内町(読み)くろまつない

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

黒松内〔町〕
くろまつない

北海道西部,朱太 (しゅぶと) 川の中・上流域にある町。渡島半島の基部に位置する。 1959年1月町制。5月三和町から現町名に改称。地名はアイヌ語クルマツナイ (和人の女が多くいる沢の意) に由来。標高 900m以内のなだらかな山地が町域の大部分を占め,畜産や米作,畑作などの農業が主産業。南部の歌才 (うたさい) 地区は天然記念物ブナ自生北限地として知られる。 JR函館本線,国道5号線,37号線が通る。面積 345.65km2。人口 3082(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

黒松内町の関連情報