コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

橘小夢 たちばな さゆめ

1件 の用語解説(橘小夢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

橘小夢 たちばな-さゆめ

1892-1970 大正-昭和時代前期の挿絵画家。
明治25年10月12日生まれ。洋画を黒田清輝(せいき),日本画を川端玉章にまなぶ。雑誌や小説の挿絵を中心に,版画,日本画を手がける。民話,伝説をモチーフに女性の魔性を表現,たびたび発行禁止処分をうけ,「幻の画家」とよばれた。昭和45年10月6日死去。77歳。秋田県出身。本名は加藤凞(ひろし)。版画に「水魔」,挿絵に矢田挿雲(そううん)「江戸から東京へ」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

橘小夢の関連キーワード安藤照宇野伝三小野重行黒田越郎古賀愛子末次梧郎瀬戸英一(初代)那須弓雄宮島新三郎山田賀一

橘小夢の関連情報