コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

微微 ビビ

デジタル大辞泉の解説

び‐び【微微】

[ト・タル][文][形動タリ]分量などがごくわずかであるさま。小さくて取るに足りないさま。「微微たる存在」「微微とした勢力

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

びび【微微】

( トタル ) [文] 形動タリ 
数量や程度がごくわずかであるさま。取るに足りないさま。 「私の功績など-たるものだ」
( 形動ナリ )
に同じ。 「事の儀式余りに-ならんは吾が朝の恥なるべしとて/太平記 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

微微の関連キーワード備・媚・尾・弥・微・眉・美・靡・鼻微微たるトタル太平記

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

微微の関連情報