コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

檜葉宿木 ヒノキバヤドリギ

デジタル大辞泉の解説

ひのきば‐やどりぎ【×檜葉宿木】

ヤドリギ科の半寄生性の常緑低木。ヒサカキモチノキツバキなどの樹上に生え、高さ約10センチ。幹は節が多く、鱗片(りんぺん)状の葉がつく。4~8月、黄緑色雌花雄花とがつき、橙黄色の楕円形の実を結ぶ。種子は実から飛び出すとき粘液がついていて、他の木に付着する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

檜葉宿木の関連キーワードヤドリギ科

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android