コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ヒサカキ

7件 の用語解説(柃の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ひ‐さかき【×柃】

ツバキ科の常緑低木。山地の乾いた所に自生。葉は密につき、長楕円形で先が鈍くとがる。雌雄異株。春に白い小花が束になって咲き、黒紫色の実を結ぶサカキの代わりに神事に使う地方もある。庭木にする。 花=春》「あしらひて―の花や適ふべき/風生

ひさぎ【×柃】

ヒサカキの別名。

ひ‐ささき【×柃】

ヒサカキの別名。
アセビの別名。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いちさかき【柃】

( 枕詞 )
〔「いちさかき」はヒサカキの別名〕
ヒサカキが小さな紫黒色の実を多くつけるところから「実多し」にかかる。 「 -実の多けくを/古事記

ひさかき【柃】

ツバキ科の常緑低木。山地に生え、庭木とされる。よく分枝し、葉は狭い卵形で鈍い鋸歯があり、質厚く光沢がある。雌雄異株。春、葉腋ようえきに白色の小花を少数つける。サカキの代用として枝葉を神前に供える。ヒサギ。 〔「 柃の花」は [季]春〕

ひさぎ【柃】

ヒサカキの別名。

ひささき【柃】

アセビの異名。
ヒサカキの異名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

柃の関連キーワード阿檀唐椿冬青夏椿鼠黐這杜松姫椿雪椿

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone