コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

櫛羅藩 くしらはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

櫛羅藩
くしらはん

江戸時代,大和国 (奈良県) 葛上 (かつじょう) 郡の一部を領有した藩。慶長 11 (1606) 年の桑山氏1万 6000石に始り,天和1 (81) 年に入封した永井直円 (なおみつ。1万石) のときは新庄藩といい,元治1 (1864) 年永井直哉 (なおちか) のときに陣屋を櫛羅に移し,以後廃藩置県にいたる。譜代,江戸城菊間詰。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

櫛羅藩
くしらはん

大和(やまと)国葛上(かつじょう)郡櫛羅(奈良県御所(ごせ)市櫛羅)周辺を領した譜代(ふだい)小藩。1万石。1681年(天和1)永井直圓(なおみつ)が1万石で入封、葛下(かつげ)郡新庄(しんじょう)に陣屋を置き新庄藩と称した。前年(延宝8)6月、4代将軍徳川家綱(いえつな)法会の際、永井尚長(なおなが)(丹後(たんご)宮津城主)が内藤忠勝(ただかつ)(志摩鳥羽(とば)城主)に殺害され、両者ともに除封となったが、幕府は永井氏の旧功を惜しみ、弟の帯刀(たてわき)直圓に名跡を継がせたのである。7代直幹(なおもと)のとき新庄の南3キロメートルの櫛羅に陣屋を移し、櫛羅藩となった。9代直哉(なおちか)のとき1871年(明治4)廃藩、櫛羅県を経て奈良県に編入された。なお、永井氏以前、桑山氏が新庄にあったが、その改易(1682)と永井氏入封には重複期間があり、疑問が残るが、いまだ定説をみていない。[平井良朋]
『『御所市史』(1965・御所市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

櫛羅藩の関連キーワード島田 帰

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android