コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歇後 ケツゴ

デジタル大辞泉の解説

けつ‐ご【×歇後】

ある語句の後半を省略して、前半でその語句全体の意味をもたせること。「論語為政の「友于兄弟」に基づいて、「友于(ゆうう)」だけで兄弟が仲よくする意に用いる類。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けつご【歇後】

漢文の修辞法の一。ある成句の後半を略し、前半だけでその成句全体の意味を表すこと。例えば杜甫の「山鳥山花吾友于」は論語の「友于兄弟」に基づいて「友于」で兄弟の意としたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

歇後の関連キーワード修辞法杜甫成句

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android