コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歌川国久(2代) うたがわ くにひさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

歌川国久(2代) うたがわ-くにひさ

1832-1891 幕末-明治時代の浮世絵師。
天保(てんぽう)3年生まれ。江戸の人。3代歌川豊国の門人。師の娘と結婚し,養子となる。役者絵,横浜絵などをかいた。明治24年2月5日死去。60歳。姓は勝田。通称は久太郎別号一陽斎,一雲斎,立蝶楼。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

歌川国久(2代)

没年:明治24.2.5(1891)
生年天保3(1832)
幕末明治期の浮世絵師。江戸の人。本名勝田久太郎。初代歌川国貞の門人で,その4女と結婚し,師の養子となる。役者絵が多いが横浜絵も描いた。

(大久保純一)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

歌川国久(2代)の関連キーワード明治時代没年

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android