コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラキストン Thomas Wright Blakiston

デジタル大辞泉の解説

ブラキストン(Thomas Wright Blakiston)

[1832~1891]英国の軍人・動物学者。1861年(文久元)来日。貿易従事のかたわら鳥類採集などを行い、津軽海峡に動物分布上の一境界線(ブラキストン線)があると発表。著「東北日本の旅」など。ブレーキストン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ブラキストン Blakiston, Thomas Wright

1832-1891 イギリスの貿易商,博物学者。
1832年12月27日生まれ。文久2年(1862)箱館(はこだて)にきて,製材業,貿易商をいとなむ。かたわら北海道をはじめ各地を探検。鳥類を調査,収集して,明治13年プライアーとの共著「日本鳥類目録」をあらわす。16年津軽海峡が動物学的境界線(ブラキストン線)であると発表。17年帰国。1891年10月15日アメリカで死去。58歳。ハンプシャー州出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

ブラキストン

没年:1891.10.15(1891.10.15)
生年:1832.12.27
幕末に来日したイギリス人実業家,鳥類研究者。ハンプシャー州の貴族の出。元軍人でクリミア戦争にも参加。文久3(1863)年から明治16(1883)年の離日まで,函館で製材業,対清・ロシア貿易に従事した。箱館戦争の際には日本人住民の人命,財産の保護に努め,上水道,桟橋の設計,都市近代化の建言,天然氷の製法指導などでも地元に貢献した。北海道,南千島での探検をはじめ,日本各地で鳥類を採集し,その成果はプライアーとの共著『日本鳥類目録』(1878,82,のち84年同名の単独著刊)として日本の鳥類研究に大きく寄与するとともに,津軽海峡が北アジアと中部アジアの動物分布上の境界線であるとの指摘となった(ブラキストン線)。函館での気象観測は日本での測候の先駆けでもある。<著作>『蝦夷地の中の日本』<参考文献>弥永芳子「トーマス・W・ブラキストン伝」(『蝦夷地の中の日本』付篇)

(磯野直秀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ブラキストン【Thomas Wright Blakiston】

1832‐91
幕末に来日したイギリス人貿易商,博物学者。正しくはブレーキストン。イギリスのハンプシャー州リミントンに生まれる。陸軍士官学校を卒業し,軍人となる。ロッキー山脈,長江(揚子江)上流を探検した後,1862年(文久2)箱館に来て,84年まで滞在した。ブラキストンは商売の余暇に,北海道,南千島,本州の鳥の採集調査を行い,日本の鳥の分布上,本州と北海道の間の津軽海峡が,動物学的境界線であると考えた。このことを1880年に東京の日本アジア協会例会で発表,さらに83年に,同協会例会で再度発表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ブラキストン【Thomas Wright Blakiston】

1832~1891) イギリスの軍人・動物学者。1861年箱館に渡来、気象観測や鳥類採集を行い、ブラキストン線を提唱。ブレーキストン。著「日本鳥類目録」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブラキストン
ぶらきすとん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ブラキストン

生年月日:1832年12月27日
イギリスの軍人,動物学者
1891年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ブラキストンの関連キーワードウォータートン湖国立公園ブレーキストン線津軽海峡線生年月日八田線

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブラキストンの関連情報