コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村成義 たむらなりよし

3件 の用語解説(田村成義の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

田村成義【たむらなりよし】

興行師。江戸日本橋に生れ,田村金太郎の養子となり,代言人になって劇界と関係。1879年新富座顧問,1885年千歳座(現・明治座)代表,1907年には東京歌舞伎座,次いで市村座の経営に当たり,若手俳優を率いて市村座時代を現出した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田村成義 たむら-なりよし

1851-1920 明治-大正時代の興行師。
嘉永(かえい)4年2月1日生まれ。明治12年12代守田勘弥と提携して新富座の法律顧問につく。18年から千歳座(のちの明治座)を,41年から市村座を経営,6代尾上菊五郎,初代中村吉右衛門らによる市村座時代をつくりあげた。また東京歌舞伎座の相談役をつとめた。大正9年11月8日死去。70歳。江戸出身。本姓は福井。著作に「続々歌舞伎年代記」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

たむらなりよし【田村成義】

1851‐1920(嘉永4‐大正9)
明治・大正期の興行師。東京日本橋生れ。田村家の養子となり,伝馬町の牢獄に勤務,のち千歳座(現,明治座)で初めて企画製作を行い,守田勘弥の死後,歌舞伎座を経営。不遇な6世尾上菊五郎と初世中村吉右衛門の2人を市村座に出演させ,いわゆる菊吉の市村座時代という黄金期をつくり,2人を育てた。その勢力は一時〈田村将軍〉と呼ばれるほどであった。著書に《無線電話《続々歌舞伎年代記》がある。【渡辺 保】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の田村成義の言及

【市村座】より

…しかしこの時には,市村家とのつながりは切れており,座元としての市村羽左衛門は14代で終わった。92年下谷二長町に移転,1908年から6世尾上菊五郎・初世中村吉右衛門を迎え,経営者の田村成義の手腕により,〈二長町時代〉と呼ばれる大正・昭和の歌舞伎の頂点をつくりあげた。現代の歌舞伎も,その影響下にあるといってよい。…

【歌舞伎年代記】より

…正編に続く1805年から59年までの劇界記録。続続編は田村成義編,続く59年から1903年(明治36)までの記録。〈乾〉〈坤〉2巻の予定であったが〈坤〉は焼失未刊。…

※「田村成義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone