コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正日 ショウニチ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐にち〔シヤウ‐〕【正日】

《「正忌日(しょうきにち)」の略》
死後49日目の日。四十九日。なななぬか。
「御法事など過ぎぬれど、―まではなほ籠(こ)もりおはす」〈・葵〉
一周忌の当日。
「九日は御―にて、御覧ずるもいとあはれなり」〈栄花浅緑

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうじつ【正日】

しょうにち【正日】

〘仏〙
人の死後49日目の日。四十九日。 「御法事など過ぎぬれど、-までは猶こもりおはす/源氏
年忌の当日。命日。また、特に一周忌。 「御-には、上下かみしもの人々、皆、斎いもいして/源氏

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

正日の関連キーワード金剛山(クムガンサン)観光事業開城(ケソン)工業団地金正恩氏への権力移行朝鮮労働党代表者会ロ朝国際鉄道事業長白山(白頭山)概念計画5029キムジョンイルチュチェ思想最高人民会議南北共同宣言日朝平壌宣言三大革命運動朝鮮労働党国防委員長藤本健二氏金 敬姫金 オク金大中氏日朝関係

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正日の関連情報