正身(読み)ソウジミ

デジタル大辞泉の解説

そう‐じみ〔サウ‐〕【身】

《「しょうじん」の音変化》その人自。当人。本人。
「さればよと心おごりするに、―はなし」〈帚木

む‐ざね【正身/実】

《「身(む)実(ざね)」の意》そのもの。実体。正体。
「形はわが子にて、―は神人(かみ)」〈景行紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そうじみ【正身】

〔「しょうじん」の転〕
当の本人。まさしくその人。当人。 「父大将に請ひ、-に請ふに、女も大将も今に承け引かず/宇津保 藤原君

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐じん シャウ‥【正身】

〘名〙 本物。実物。
※続日本紀‐和銅五年(712)四月丁巳「自今以後。冝其正身。准式試練
※妙好人伝(1842‐52)初「况や浄土へ往生とげたてまつり、正身(シャウジン)の如来様の直の御言(ことば)を蒙りなば」

そう‐じみ サウ‥【正身】

〘名〙 (「しょうじん(正身)」の変化した語。「まさしくその身」の意) その人。本人。当人。
※宇津保(970‐999頃)藤原の君「父大将にこひ、さうじみにこふに、女も大将も今にうけひかず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

正身の関連情報