コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武士は食わねど高楊枝 ブシハクワネドタカヨウジ

デジタル大辞泉の解説

武士(ぶし)は食わねど高楊枝(たかようじ)

武士は貧しくて食事ができなくても、あたかも食べたかのように楊枝を使って見せる。武士清貧体面を重んじる気風をいう。また、やせがまんすることにもいう。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぶしはくわねどたかようじ【武士は食わねど高楊枝】

武士は貧しくて食事に困るときでも、今、食べたばかりに装ってゆうゆうと楊枝を使う。武士はたとえ貧しくとも清貧に安んじ、気位が高いことにいう。また、やせがまんすることにもいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

武士は食わねど高楊枝の関連キーワード高楊枝気位

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android