矜持(読み)きょうじ

精選版 日本国語大辞典「矜持」の解説

きょう‐じ キャウヂ【矜持・矜恃

〘名〙 自分の能力をすぐれたものとして、他に誇ること。尊大、荘重な態度をとること。自負誇りプライド
※童子問(1707)上「専持敬者、特事、外面斉整」
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉銀座繁昌記「少くも新聞社の存在は銀座の光輝であると高く自ら矜持してゐた」 〔呉志‐陸遜伝〕

きん‐じ ‥ヂ【矜持】

〘名〙 「きょうじ(矜持)」の慣用読み
※音訓新聞字引(1876)〈萩原乙彦〉「矜持 キンヂ タシナミ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「矜持」の解説

きょう‐じ〔‐ヂ|‐ジ〕【×矜持/××恃】

《慣用読みで「きんじ」とも》自分の能力を優れたものとして誇る気持ち。自負。プライド。「―を傷つけられる」
[類語]自負自任自慢誇るうぬぼれるおのぼれる思い上がる誇らしい胸を張る肩身が広い鼻が高い鼻高高勝ち誇る驕る威張る威張り散らす付け上がる高ぶる反り返る振り回す鼻にかける増長慢心自画自賛誇示おご誇り驕傲きょうごう倨傲きょごう自負心自賛自嘆自得天狗うぬぼれプライド高慢自尊自尊心気位きぐらい得意思い上がり唯我独尊手前味噌我褒め身褒めのぼせるのぼせ上がる背負しょ

きん‐じ〔‐ヂ〕【×矜持】

きょうじ(矜持)」の慣用読み。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android