コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武田千代三郎 たけだ ちよさぶろう

2件 の用語解説(武田千代三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

武田千代三郎 たけだ-ちよさぶろう

1867-1932 明治-昭和時代前期の官僚,スポーツ指導者。
慶応3年4月24日生まれ。内務省にはいり秋田県,青森県などの知事を歴任。帝国大学在学中にストレンジにスポーツ論をまなぶ。大正2年大日本体育協会副会長となる。6年京都-東京間の東海道五十三次マラソンリレーを「駅伝競走」と名づけた。昭和7年5月26日死去。66歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たけだちよさぶろう【武田千代三郎】

1867‐1932(慶応3‐昭和7)
明治・大正期の教育家,スポーツ指導者。筑後柳河(現,福岡県柳川市)出身。東京帝大法学部卒業。秋田,青森などの県知事を歴任の後教育界に移り,神宮皇学館長,大阪高等商業学校長となった。東大に在学中,F.W.ストレンジの学生スポーツ論に傾倒し,1904年にはスポーツ哲学,スポーツ科学に関する《理論実験競技運動》や《心身鍛練少年競技運動》を出版した。また《運動競士協会憲章類纂》《学生運動取締論》で学生スポーツのあり方に言及した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武田千代三郎の関連キーワード足立鍬太郎片山喜三郎金井彦三郎北里裟袈男倉知誠夫上坂熊勝高根義人高橋光威堀啓次郎武藤虎太

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone