コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

歩留り ぶどまりyield rate; extraction rate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

歩留り
ぶどまり
yield rate; extraction rate

分止りとも書く。工業生産過程で,供給原料の量に対する製品量の比率,または製品として出たものの総数に対する定格合格品の比率をいう。前者の例では,含金量 100gの金鉱石を製錬して 85gの金を得たとすると,歩留りは 85%。また後者の例では,製品歯車 100個のうち合格品 97個ならば歩留り 97%で,この場合は切削などによる原材料の重量損失は考えない。いずれの場合でも,工場設計などの工業計算上歩留りの評定は大切であるし,操業中の工程では歩留りの向上に極力努力が払われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぶ‐どまり【歩留(ま)り】

加工する場合の、使用原料に対する製品の出来高の比率。
食品の原形物に対する食用可能な部分の比率。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

歩留り
ぶどまり
yield

一般に犠牲に対する成果の割合をいうこともあるが、ほとんどの場合、生産・加工の際の原材料に対する製品の割合をいう。たとえば100の原材料を使用して製品が80できれば、歩留りは80%ということである。歩留りが高いほど原材料のロスが少なく、効率がよいことになる。生産性を高める重要な方法の一つが、歩留りの向上である。それは、原材料取りの改善によるところが大きい。[森本三男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

歩留りの関連キーワードゼロ・エミッション冷凍・空調機器工業コリデール[種]ステンレス製鋼法紙パルプ工業アンチョビー表面安定化コウリャン屠肉歩留りベアチップ薄型テレビ粉末圧延溶湯鍛造予防保全粉末冶金信用創造人工孵化練り製品集積回路連続鋳造

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

歩留りの関連情報