コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代代 ダイダイ

デジタル大辞泉の解説

だい‐だい【代代】

も続いていること。よよ。また、歴代。副詞的にも用いる。「代代酒屋を営む」

よ‐よ【代代/世世】

これまで経過してきたそれぞれの時期・時代。だいだい。「―の為政者」「―に伝える」
仏語。過去・現在・未来の三世。
別れ別れの世界。それぞれ別の生活。男女についていう。
「白河のしらずともいはじ底きよみ流れて―にすまむと思へば」〈古今・恋三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいだい【代代】

何代も続いていること。副詞的にも用いる。 「 -の天皇」 「 -養子をとる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

代代の関連キーワード核兵器禁止平和建設国民会議(核禁会議)乃・代・内・台・大・弟・第・臺・題ジョセフ・ヘンリー ウェダーバーンB.L. ファン・デル・ベルデン原水爆禁止日本国民会議(原水禁)原水爆禁止日本協議会(原水協)O.V.d.L. ミロシュエドワード ステティニスファン・デル・ベルデン藤間 勘奴(2代目)ファンデルワルデンチョ ヨンチョルブリュギエール尾瀬を守る会ド・モルガンクロネッカー小宮山昌世本郷[村]小林 雄一アベグレン

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

代代の関連情報